遺言が必要な場合はこんなとき

遺言には一定のルールがあり、それを守っていればどのような内容でも書くことが可能です。アイススケート01

 
どの財産は誰に与えるかについてなど相続する愛艇を指定することや、特定の人間に財産を多く相続させる内容を書くことができます。
法律的に相続人となっていない人間に対して財産を贈与することも可能であったり、未成年の場合には後見人を指定しておくこともできます。
婚姻外で生まれた子どもについて認知することもできます。

 
内縁の妻は法律的に妻ではないので相続権はないことになり、遺言が必要になります。

 
法律的な手続きをしていない連れ子や養子の場合も、遺言がないと相続権がありませんので残しておくことが良いです。
資産を持っている人が亡くなった場合に、相続人に兄弟姉妹がいる場合や、そのうちですでに亡くなっている相続人がいる場合は遺産分割協議で相続手続きをすることになりますので、あらかじめ遺言を残しておくことでもめごとを避けることが期待できます。

 
遺産分割協議を行うためには相続人全員の参加が義務付けられていて、合意をする必要があります。
行方不明や不参加の人がいると相続手続きをすすめることができないので、注意が必要です。

 
残された相続財産の多くが不動産である場合などは、分割協議が難しくなるので、どの不動産を誰に相続させるのかをきちんと遺言で指定しておくことがおすすめとなります。