夫婦間に子がいない

子供がいない夫婦は、どちらも配偶者として法定相続人になります。アメフト01

 
一方が亡くなったら、もう一方は常に法定相続人の地位を得ます。

 
相続の順番としては、配偶者の次に来るのが亡くなった人の父母、その次は亡くなった人の兄弟姉妹という順番になります。

 
例えば、子供がいない夫婦で、推定相続人が配偶者と兄弟姉妹の場合は、相続が発生すれば配偶者と兄弟姉妹が法定相続人となりますが、もし兄弟姉妹に相続させたくないという場合は、「すべての遺産を配偶者に相続させる」という遺言を作っておく必要があります。

 
遺言を作っておかないと、自動的に兄弟姉妹にも相続権が発生してしまいます。
兄弟姉妹には「遺留分」がないので、上記の内容の遺言を作っておけば、兄弟姉妹は相続について主張することはできなくなります。
遺言の作り方ですが、お金をかけたくなければ「自筆証書遺言」で行うとよいでしょう。

 
しかし、自筆証書遺言の場合は、相続の開始時に家庭裁判所で検認を行う必要がありますし、内容に不備があるおそれもあります。
ですから、万全を期すのであれば、少々お金はかかりますが、公証役場で公証人に作成してもらう「公正証書遺言」という方法で行うほうがよいでしょう。

コメントを受け付けておりません。