相続人が全くいない

人は一生の間にさまざまな財産築きあげていくものですが、苦労して築き上げてきた財産はその人物の死後には配偶者や子供などの相続人によって相続され、受け継がれていくことになります。このような相続人に関しては血縁関係などによって法的に相続人としての権利が与えられていますが、なかには財産の相続をされる人物が死亡した時点で法律上の相続人が全くいないというケースもあります。

 
原則として被相続人が死亡した場合には、隠し子などの周囲の人間が知らない法的な相続権のある人物が存在しないかといった調査が重点的に行われますが、そのような調査にもかかわらず相続する人が全く発見されないこともあります。

 
そのようなケースでは遺された財産は行き場所がないかたちとなるため、最終的には国庫に帰属することになります。しかし、法的に相続する権利がない人であっても、その人に対して財産を遺してあげることは可能な方法があります。

 
生前にお世話になった血縁関係のない人物に財産を遺すには、生前に遺言書を作成しておき、自分の死後にその人物に財産がわたるように明記して置けばいいのです。また、その際には個人だけではなく、自分の支援したい団体などに寄付するかたちで財産を遺すことも可能となっています。

コメントを受け付けておりません。