未婚者との間に子がいる場合

被相続人が妻以外の女性との浮気を続け、子供ができるということは少なくありません。ただし、その子供は認知をされない限り、被相続人の遺産における相続権がありません。従って、未婚者との間にできた子供に遺産を相続させたい場合は遺言をすることで可能になります。

 

 

遺言によって子供を認知することは民法で認められており、民法は「認知は遺言によってもこれをすることができる」と定めています。さらに、民法では遺言によって誰にでも財産を自由に分け与えることができるとも定めています。

 

 

なお、遺言は遺言者が亡くなった時から効力が生じるので、仮に被相続人が遺言で認知した子供がいた場合、被相続人の死亡と同時に被相続人の非嫡出子ということになります。

ゴルフ01

 

ところで、民法では非嫡出子の法定相続分は嫡出子の半分となっています。そこで、非嫡出子に法定相続分以上の遺産を与えたい場合は、遺言書にその旨を記載すれば民法によって被相続人の意思が反映されることになります。

 

 

ただ、妻や嫡出子が被相続人の意思を尊重すれば問題ありませんが、妻や嫡出子には遺留分と言って遺産の一定割合を取得する権利があるので、非嫡出子への贈与が遺留分を侵害した場合は妻や嫡出子が減殺請求を起こすと遺留分の範囲での贈与の取消が認められます。

コメントを受け付けておりません。