認知をしたい場合

ゴルフ02

認知をしたい場合、認知届を子どもの本籍地、または住んでいる住所地の市役所に提出します。その子どものお父さんとして届けをだす場合、未成年であっても、自分で届けを出すことができます。子どもが何歳になってもできますので、生まれたばかりの子どもでも、成人してからでも、行うことができます。また、お母さんのお腹の中にいる時からすることもできます。これは、子どもが日本の国籍をとるため等に必要な方法となっています。死亡した子どももできますが、その子どもに子ども(子孫)がいる場合に限ります。相続についてを考えて、のことです。その後には相続権が発生しますが、親権、そして氏は母親から父親に変更される、というわけではありません。

 

 
種類は大きく3つに分けられます。まず一つ目は任意です。一般的な方法です。父親がその子どもを自分の子どもだと認め、認知することです。二つ目は、強制(裁判)です。これは、裁判で父親を決めることです。裁判が確定した時には、10日以内に市役所に届け出をすることになっています。父親の生きている間はいつでも提起ができますが、死亡後、三年経ってしまうとできなくなります。三つ目は遺言です。遺言で認知をすることができます。遺言執行者が10日以内に届けを出すことになっています。

コメントを受け付けておりません。