現在再婚いるが先妻(夫)との間に子がいる場合

法律上は、子供と妻がある場合は、子供と妻で半分ずつ相続権があります。

 

先妻との子供は、再婚後の子供と同等の相続権があります。

 

妻に相続の半分が、後の半分を子供の頭数で割ることになります。

 

親が離婚をするとき二十歳以下の子供がいる場合、親権を父母のどちらかに定めます。しかし、これは相続権とは関係ありません。

 

離婚し再婚したとしても、先妻との子供も自分の子供に変わりありません。

 

自分が亡くなったとき、親族とは別に相続したい相手がいる場合は、基本的には遺言書を残しておくことをお勧めします。

 

親族でなくても、ご自身の意思で相続する人を決めることができます。

 

基本的に裁判にならない限りは、法律上の相続人すべてに相続の連絡がいくとは限りません。そのため、本来相続権はあっても疎遠になっていて連絡先が分からない等の理由で別れた先妻との子供に連絡がいかないことが多いのです。

 

自分の子供であれば別れてからも戸籍の附票を本籍地の市町村で取得し、住所がわかりますので連絡先を把握しておくことをお勧めします。

 

そして、相続人にも相続の意思も確認した方がよろしいです。

 

相続の連絡が遺言書の作り方は細かい規定があるので、専門家に任せることをお勧めします。公証人役場に行き、作成してもらうとよいです。証人となる人も同伴していただければよろしいです。

コメントを受け付けておりません。